新しい働き方を提案するバーチャルオフィス

ミーティングルーム

様々な社会情勢の変化の中で働き方も従来とは大きく変わってきた昨今ですが、特に顕著なのはオフィスではなく自宅やカフェなどでリモートワークをされる方の増加です。インターネットが発達した現在においては、ネット環境さえあればどこにいてもオフィスワークが可能なので、できるのであればわざわざ時間をかけてオフィスに行かなくても十分働けます。企業としても社員の為に大きなオフィスや社員サービスを用意しなくていいため、特に新しく起業した会社では積極的にリモートワークを推進している所も多いです。ただ、完全にオフィスを無くすというのは難しい部分があります。
それは起業の為には住所と電話番号を登録しなければならないためです。手っ取り早いのは自宅を登録する事ですが、防犯的には好ましくありません。そこで活躍するのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスというのは実際にオフィスを借りる事無く、事業所用に住所や電話番号だけを借りられるサービスです。
物件を用意する必要が無いので初期費用もランニングコストも共に格安ですし、大都会の一等地が住所として登録できるバーチャルオフィスも多いのでネームバリューも利用できます。住所は大都会にあっても、仕事は地元や出かけ先で行う事が出来るので自宅の住所を知られたくない女性の事業主の方などにも最適です。

バーチャルオフィスを契約する前にチェックする項目

社会的に多様な働き方が模索されている中で最近話題に上がりやすくなっている物に、バーチャルオフィスがあります。実際にオフィスとなる物件を借りなくても仮想上で事業所として登録できる住所や電話番号をレンタルできるサービスで、場所に縛られずに仕事をしたい起業家の方に支持されています。そんなバーチャルオフィスですが、話題になっている事もあってサービスを展開する企業も多くなっていますが、その分当たりはずれも出てきやすくなっています。そこでバーチャルオフィスを契約する際には、どこでもいいから安い所というように選ぶのではなく、しっかりとサービス内容を確認するようにしましょう。
特にバーチャルオフィスの利点と言えば、自分が拠点としている場所とは全く関係ない場所を事業所の住所に出来るという点ですから、その住所がどこになるかはよく考えたほうがいいでしょう。借りられる住所はバーチャルオフィスによって異なりますので、大都市で、さらにその中心部の一等地のような場所が借りられるバーチャルオフィスを利用できればビジネス的に有利です。
その上で、過去にその住所でトラブルが無かったかどうかは要チェックです。知らないでそうした住所を借りるとマイナスイメージがついてしまう可能性があります。借りられる住所を見たら実際に検索してみて、どのような場所で過去にトラブルが無いかなどを確認してから契約しましょう。

無理せず起業するのに最適なバーチャルオフィス

独立するときに、オフィス家賃も計算に入れて多額の資金を調達しようとすると、のちの重圧が大変なことになります。この点、オフィス物件を実際に借りるのをひとまずやめて、バーチャルオフィスと契約してはどうでしょうか。そうすれば、ビジネス向けの物件を賃貸契約で借りるのとは、比較にならないほどの低料金でオフィスを構え、独立することが可能です。これは、事業用物件を利用しなくてもこなせる仕事で起業する場合の話です。
ビジネスの性質上、どうしても作業スペースとして広い場所がいる、社員がオフィスに集うことが欠かせない場合は、バーチャルオフィスだけで対応するのは難しいかもしれません。しかし、今ならバーチャルオフィスも含め、様々なレンタルスペースや貸倉庫もあるので、これらを上手く組み合わせ、バーチャルオフィスをハブとして位置付けて上手く運用すれば、立派にビジネスを回していける可能性があります。
オフィス物件の家賃を確実に払うためにどれだけのお金が必要か、それを考えると、立ち上げ時に借り入れた多額のお金のことで、その後、黒字化を達成するまでの間にプレッシャーがかかり、精神的に相当な負担になるでしょう。それよりも、バーチャルオフィスを利用して無理なく起業し、ビジネスを楽しむ方が建設的でしょう。