綺麗な会議室

安くて便利に使えるバーチャルオフィスで独立しよう

白いミーティング空間

自分のオフィスを持つというと、通常は、物件を自宅とは別に借りて、そこを仕事用のスペースとして使うことを想定するでしょう。しかし、最近はそればかりが選択肢というわけではありません。例えば、自宅をオフィスとして使いつつ、バーチャルオフィスと契約して、レンタルしたアドレスと電話番号を事業用として使うことができます。この方法を使うと、対外的な営業活動において、自宅住所の情報をむやみと公開せずに済むというセキュリティ上のメリットがあります。特に、物販を伴うビジネスで独立したい場合は要注意で、事業所所在地の公開は消費者保護の目的から、事業責任者の義務とされています。ビジネスを始める前に、取り急ぎバーチャルオフィスと契約して、その住所と電話番号を使えるようにしておく方がいいでしょう。
さらに、バーチャルオフィスの利用料は、実際のオフィス物件と比較して非常に安価というメリットもあります。新規ビジネスでの収益見込みが不透明な間は、多額の固定費は避けたいところ、バーチャルオフィスを選択することは非常に合理的な経営判断と言えるでしょう。オフィスに無駄に費用を投じるのはやめにして、節約してほかの経営活動にもっと資金を投入した方が、黒字化の見通しもは役立つはずです。